キャッシュフローゲーム会開催!

キャッシュフローゲーム会を福岡で開催しました!

キャッシュフローゲームの醍醐味

2020年7月19日(日)キャッシュフローゲーム会が、久々に福岡で開催されました。

キャッシュフローゲームの1番の醍醐味は、お金(ゲーム)を通して自分自身を見つめることができることです!

自分のお金への「考え方」や、「使い方」「決断の仕方」などが、キャッシュフローゲームを通じて知ることができます。

丁か半か?

写真の紙コップは、サイコロを振るためのものです!

「丁か半か?」

丁半では、偶数(ちょう)、奇数(はん)と呼ぶ[1]。茶碗ほどの大きさの笊(ざる)であるツボ(ツボ皿)[2]に入れて振られた二つのサイコロサイ)の出目のが、丁(偶数)か、半(奇数)かを客が予想して賭ける[1]

Wikipediaより

念のため。。。

博打で紙コップを使ったのではありません!笑

コロナウイルス対策として、接触機会を無くすために紙コップをご用意させていただきました!

サイコロを紙コップに入れ、シャカシャカと振っていただきました。

その他にも、コロナ対策として、お金は配らずに、持ち金を紙に書いていただきました。

これには思わぬ発見もありました!

現物が手元にないので電子マネーの感覚になり、しかも、銀行役の出番もほとんどなくなっていました。

これは、実社会でも同じことが起きていますね。

銀行員の大量リストラのニュースが出ることも納得です。

投資脳を鍛えよう

日本では学校教育に「お金」の授業は入っていません。

もちろん!

お金が人生で一番大切なものではありません!

でも、人生で大切なことには全てお金が影響しています。

日本は、人口減少に伴う様々な問題を抱えています。

だからこそ、早く学び始めることが大切です!

学びながらラットレースから抜け出しましょう!